• シェア

ガバナンスと透明性

ガバナンスとは、公共機関や民間企業がどのように業務を行いリソースを管理するかに言及する際、一般的に使われている語です。そこには意思決定プロセスと、決定の実施プロセスも含まれます。透明性と説明責任は、適正なガバナンスの概念における中心的要素です。情報開示と透明な意思決定プロセスによって、市民やその他のステークホルダーは行動を精査し、政府や企業に説明責任を負わせることが可能になります。ICMMは、透明性と説明責任は倫理的ビジネス慣行の不可欠の部分であると考え、ICMMの10の基本原則の中核的要素としています。

フォーカスエリア

受益所有権

紛争鉱物

契約の透明性

汚職や違法な資金の流れ

採取産業透明性イニシアティブ(EITI)

収入の透明性

SDGs

持続可能な開発目標

私たちの立場