• シェア

持続可能な金属管理

現代社会において金属がもつ便益については争う余地がありません。同じく明らかなのは、金属を、持続可能な開発への貢献を最大化するしかたで生産・利用することの必要性です。企業は規制に従い、あるいは優れたビジネスセンスに促されて、通常の視野を超えて自社製品のライフサイクル全体にわたる(採掘・生産から、自動車等完成品における利用、そしてリサイクル・処分にいたるまで)配慮を行うようになっています。 

フォーカスエリア

責任ある資源調達

製品の管理責任

化学物質管理

SDGs

持続可能な開発目標

私たちの立場