4. リスク管理

  • シェア

リスクに関するステークホルダーの観点を取り入れ、健全な科学手法に基づいた効果的なリスク管理戦略と体制を導入し、実行します。

適切なリスク管理の戦略とシステムを通じて、鉱業および金属事業者は、環境、社会、ガバナンスへの影響を管理し、機会を定義することができます。ICMMメンバーは、人々と地球を保護するための効果的なリスク管理戦略を実施することを約束します。

パフォーマンスの期待事項

NGO、国際組織、および学者からの広範な情報をもとに開発された当社の採鉱原則は、責任ある鉱業および金属産業に対するベースラインとしてのパフォーマンスの期待事項を確立しています。

  • 新規プロジェクトや既存事業への著しい変更に対し、利害関係者および影響を受ける関係者と協議し、必要に応じて環境および社会への影響評価(ESIA )を実施し、ESIA報告書を公表します。

  • 紛争の影響を受けた地域やリスクの高い地域で操業したり、調達したりしている場合は、「OECD紛争地域及び高リスク地域におけるデュ-・ディリジェンス・ガイダンス」に沿った、紛争と人権に関するリスクに基づくデュー・ディリジェンスを実施します。

  • 承認された国際基準または管理システムに基づいて、労働者、地域社会、文化遺産および自然環境に対する安全衛生および環境への影響を避け、予防し、最小限に抑え、緩和または改善するためのリスクベースの管理を実施します。

  • 緊急事態対応計画を策定、維持、試験します。外部ステークホルダーへのリスクが大きい場合、これは影響を受ける可能性のある関係者と協力し、確立された業界のグッドプラクティスと一致していなければなりません。