生物多様性の管理

  • シェア

生物多様性は地球上の動植物の多様性を意味し、その保護にはリーダーシップとあらゆるセクターの協働が求められます。

世界自然保護基金(WWF)によれば、現在絶滅の危機にある種は、自然に起こる絶滅率の1,000倍から10,000倍に上ると見られています。この問題への取り組みとして、ICMM の10の基本原則は会員企業に対し、「生物多様性の維持および土地用途計画への統合的取り組みに貢献」するよう求めています。会員には次のことが期待されています:

ICMMは「緩和の階層秩序」と呼ばれる手法を支持しています。これは、開発事業が生物多様性と生態系サービスに与える負荷を可能な限り限定しようとする、国際的に認められた手法です。緩和の階層秩序は次のような一連の4種のアクションから構成されています:

これらのコミットメントや手法の実施を通じて、ICMM会員は生物多様性管理を大きく改善しています。また国際的な先進的実践への取り組みを通じて、生物多様性の保護と鉱業は両立可能であることを実証しています。

Other focus areas